上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.08 New Comers (1)
昨年末に引っ越し諸々で飼育部屋も片付けがままならないのに思わず導入したのが
オニタマオヤモリのPrでした。
ヤングアダルトとのことでしたのでしたが、アダルトに近いサイズでしたのでお買い得でした
私今までランドゲッコーの類とは相性悪いので心配しましたが何とかなりそうです。
(今のところエサ食いなど問題ありません)

オニタマ♂
P2074980 (1280x960)
オニタマ♀
P2034975 (1280x960)

オスメスともに私好みの体色の明るいPrですのでいつもの通りブリード頑張りたいです
でも、とりあえずもうしばらくは個別飼育で様子見ですね
スポンサーサイト
2013.02.11 残念or期待
レユニオンニシキヒルヤモリ(Phelsuma inexpectata)のケージをチェックしたら発見しました。
P2104784.jpg
どうも見たところ無精卵のようです。
無精卵で残念と見るべきか、♀は成熟していて期待が持てるかと思うかはその時の気分次第です
2013.02.03 原点回帰
だいぶ放置してきたブログですが、またボチボチと気が向いたときにUPしていきたいと・・・(汗)
2013年も気がつけば、すでに1カ月過ぎていました。
年をとると経年変化も早く感じてしまいます(笑)

題名の通りなのですが、私はヒルヤモリが好きでこの趣味にのめり込んでしまったところがあったので、正月休みを利用した新規導入を図っておりました

今回の獲物はこれでした。
P2024774.jpg
レユニオンニシキヒルヤモリ(Phelsuma inexpectata)

CBトリオ(ドイツ便)らしいです。(ドイツ人、ほんとにCBか!?だって♀2匹のシッポが・・・謎爆、まぁいいやw)
しっかし動きが光速(笑)眼の前からあっと言う間に消えます
メスも比較的きれいでブリブリ。
P2024776.jpg

とりあえずブリード頑張りたいです
P2024700.jpg
P6194681.jpg
飼育してみて何となくわかったこと
飼育困難な種というイメージは、おそらく着状態に影響されることが大きいのではないか。
導入当初の立ち上げをしっかりすることが鍵(自力での餌食いの確認)
自力で餌を獲らない状態のものは最終的に残念な結果に・・・。
我が家では導入当初から線が細く、餌食いに難があった♂個体が残念なことになってしまいましたが
餌食い&栄養状態に気を付けた♀2匹に関しては現在も良い状態を保っている感じです。
管理の楽さに関してはレオパと変わりません。
あとは夏場の気温上昇の影響がどれだけなのかという心配くらいでしょうか。


2匹ハッチしたのですが、やはり遅れてハッチした方は餌を獲らず、1か月くらいで残念なことに・・・
しかし糞と尿の確認が取れている先に生まれた個体は一回りくらい大きく育っているようです。
P6194684.jpg
♂でありますように
2012.05.05 予想通りw
旅行から疲れて帰ってきましたが、おそらく生まれているだろうと考えていたので、帰宅するなり速攻確認です
P5054653.jpg
2匹目も無事ハッチしていました。
1匹目の卵の殻を取り除くのを忘れていたので少しカビてました

P5054654.jpg

1匹目は糞と尿をしているようですので、あとは2匹目も何とかいけるようにと願っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。